人生は勉強ブログ

黒地に白ってかっこいい。。。

MacBookPro early2015でkali linuxをusbブートする

動機

初めてプログラミングという概念を知ったのが、(多分)中学2年生で、ブラッティマンデイを見た時だった。

当時の自分には、あのドラマがとんでもなくカッコよく見えた。しかし、ただかっこいいと思っているだけで、何も行動はおこなさなかった。

大学入学を機に、初めてプログラミングをちょっとだけしてみて、結構楽しいことに気がついた。その後、時間は流れ、今から1年前から本格的にプログラミングの勉強を始めた。

1年経った今でも正直あのドラマはかっこよかったし、深夜で暇だし、ということで、MacBookProでkali linuxをusbブートするということに挑戦してみようと思う。

参考にした記事

MacでUbuntu USBブートを作る。

kali linuxをUSBにインストールしてmacbook airでブートできるようにしてみた

Kali LinuxをUSBにインストールし書き込み領域を作成する

この3記事、どれもちゃんと説明がされていて、とてもわかりやすくまとまっていた。

必要なもの

容量多めのUSBメモリ

自分はこれを買った。

準備

まずは、

https://www.kali.org/downloads/

こちらのサイトから、kali linuxのisoを落としてくる。

一番上の、Kali 64 bitというものを選択しダウンロード。

kali-linux-2017.2-amd64.iso

このような名前になった。

これをイメージファイルに変換する。

hdiutil convert -format UDRW -o target.img kali-linux-2017.2-amd64.iso

target.img.dmgというファイルができる。

ここで、USBメモリを確認する。

diskutil list
# /dev/disk0 (internal, physical):
#    #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
#    0:      GUID_partition_scheme                        *500.3 GB   disk0
#    1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
#    2:          Apple_CoreStorage Macintosh HD            499.4 GB   disk0s2
#    3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.1 MB   disk0s3

# /dev/disk1 (internal, virtual):
#    #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
#    0:                  Apple_HFS Macintosh HD           +499.1 GB   disk1
#                                  Logical Volume on disk0s2
#                                  30F6FD6C-9E65-4359-8A48-C6ACD7A34CE5
#                                  Unlocked Encrypted

# /dev/disk2 (external, physical):
#    #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
#    0:     FDisk_partition_scheme                        *32.2 GB    disk2
#    1:                       0x17                         3.0 GB     disk2s1
#    2:                      Linux                         29.2 GB    disk2s2

/dev/disk3が、USBメモリであるとわかる。(こちらは、フォーマット後なので、表示が若干異なるかもしれないが、だいたい容量で見分ける。また、別のmacで試したところ、/dev/disk2だったため、ここからは、数字は適宜自分の環境で変更すること)

では、先ほど作成したtarget.img.dmgUSBメモリに書き込んでいく。

diskutil unmountDisk /dev/disk3
sudo dd if=target.img.dmg of=/dev/rdisk3 bs=1m
diskutil eject /dev/disk3

ここでdiskがrdiskと表示されているが、これは同じ領域を指しており、方式が違うらしい。よって、とりあえずrdiskでやる(こっちの方が速いらしい)

ddは結構時間がかかるが、辛抱強く待つ。

完了したらejectする。

これで準備は完了。

起動してみる

macでは、オプションキーを押しながら起動すると、起動するデバイスを選ぶことができる。

f:id:dooooooooinggggg:20171021142716j:plain

こっちを選択して、エンターキーを押すと、起動する。

起動すると、

f:id:dooooooooinggggg:20171021142740j:plain

このような画面になるので、一番上を選択。

f:id:dooooooooinggggg:20171021142752j:plain

無事起動した(背景がおかしい?)。

書き込み領域を作成する

現在は、再起動するたびにデータが消えてしまう、という状態なので、USBメモリに書き込み領域を作成する。

端末というアプリ(コンソール)を起動し、

gparted

と入力する。すると、パーテーションをいじるソフトが起動する。

ここで、

Kali LinuxをUSBにインストールし書き込み領域を作成する

こちらのサイトを見ていくと、fat16というファイルシステムを削除する部分がある。

僕の場合、この作業をすると、なぜか起動できなくなってしまった。

なので、基本的に上のブログの、fat16を消すところ以外実行すると、無事にpersistenceができるようになる。

結論

ファイルシステムなど、普段パソコンを触っているだけでは触れないようなところに少しだけ触れることができた。

今後は時間があればこの辺のことも調べていきたい。